この記事を読むのに必要な時間は約 12 分 40 秒です。

裁量労働制を拡大するべきか? Should a discretionary working-hour system be expanded?を問題に英検1級英作文の形式で肯定、否定の両方の立場で英作文を書いてみました。日本語訳もそれぞれ記載しておきます。このテーマは今後の英作文、面接で出題されるかもしれません。

スポンサーリンク

裁量労働制について

裁量労働制とは、労働時間制度の1つで、労働時間を実労働時間ではなく一定の時間とみなす制度のことです。国会で議論され、大きく報道されましたので、ご存じの方も多いと思います。

裁量労働制を拡大するべきか?

Should a discretionary working-hour system be expanded?「裁量労働制を拡大するべきか?」を問題に英検1級の英作文問題と同様、3つの理由、構成: 導入、本論、結論、エッセイ全体の長さを200~240語程度にして、肯定、否定両方の立場で書いてみました。

肯定の立場

肯定の立場としては、
1 時間と場所に拘束されない
2 仕事に対する姿勢や考え方が変わる
3 先進諸国で拡大していることに合わせる必要
といったことが上げられます。

Affirmative

Although many people disagree with a discretionary working-hour system, I think that the system should be expanded. Workers can free from hours and places, change their mind about their job. Also, many developed countries have already introduced and expanded the system.

The primary reason a discretionary working-hour system should be expanded is that workers can free from their hours and working places. Whenever they work, as long as they can accomplish their task, they do not mind how many hours they work and where they work. This is a benefit for many workers. For example, young couples who have children, they can take their children to the kindergarten and bring them back.

In addition, when a discretionary working-hour system is expanded, workers will change their mind about their job. Many workers avoid working long hours. However, because of traditional working style, they cannot leave offices early even if they work hard. If the system is expanded, workers will change their mind about their job because when they work under the system, they can leave early and have their free time. Using the free time, they are capable of playing with their children or doing a household chore.

Last, many developed countries have already introduced and expanded a discretionary working-hour system. Japan's labor productivity is embarrassingly low. One of the reason is that people are shackled by obsolete working culture. To compete with other countries, it should be expanded a discretionary working-hour system.

When considering the reasons mentioned above, I agree with the idea of expanding a discretionary working-hour system. It is good for individuals as well as the country.

Affirmative の訳

多くの人が裁量労働制に反対していますが、私はこの制度を拡張すべきだと思います。労働者は時間や場所から解放され、自分の仕事について考えを変えることができます。また、既に多くの先進国がこの制度を導入し拡大しています。

裁量労働制を拡大すべき主な理由は、労働者が時間と職場について自由に選択できることです。労働者が仕事をするときはいつでも、仕事を達成しさえすれば、何時間働いているかとか、どこで働いているのかなどを気にする必要がありません。これは多くの労働者にとって有益です。例えば、子供がいる若い夫婦は、子供を幼稚園に送り迎えすることができます。

さらに、裁量労働制が拡大すれば、労働者は自分の仕事についての考えを変えます。多くの労働者は長時間労働を避けます。しかし、古典的な労働文化のために、労働者が懸命に仕事をしても早く退社することが出来ません。制度が拡大されれば、労働者はその制度の下で働らけば早く退社することが出来、自由時間を持つことができるので、仕事についての考えが変わります。自由時間を使って、彼らは子供たちと遊んだり、家事をすることができます。

最後に、多くの先進国ではすでに裁量労働制が導入され、拡大されています。日本の労働生産性は恥ずかしいほど低いです。その理由の1つは、人々が時代遅れの労働文化に拘束されているということです。他国と競争するためには、裁量労働制を拡大すべきです。

上記の理由を考慮すると、私は裁量労働制を拡大するという考えに同意します。それは国だけでなく個人にとっても良いことです。

否定の立場

否定の立場としては
1 過労死、過労自殺が増える
2 オンとオフの区別がつかなくなる
3 業種によっては当てはまらない
といったことが上げられます。

Negative

I strongly disagree with the idea that a discretionary working hour system should be expanded. It will increase death from overwork, workers cannot distinguish on and off, there are many unsuitable categories of business.

The main reason that a discretionary working hour system should not be expanded is that it will increase death from overwork. Due to illicit employers exploit their employees, many Japanese innocent workers death from overwork every year. It is already too high the number of death. Human lives are naturally important than money.

Second, under a discretionary working hour system workers cannot distinguish on and off. Even now, many workers work long hour in offices and their home. If the system was expanded, many of them would work harder in offices and their home. After that, they would die.

Last, the system is not many suitable categories of business. The system is only suitable few categories, such as researchers and lawyers. Most workers work under the present system and it is not any problem. If the system is expanded, working productivity will decrease.

For the reasons mentioned above, I am against expanding a discretionary working hour system. The system will only increase death from overwork and worsen working productivity.

Negative の訳

私は、裁量労働制を拡大すべきという考えに強く反対しています。それは過労死を増加させ、労働者はオンとオフを区別することができなくなり、当てはまらない業種が多いです。

裁量労働制を拡大してはならない主な理由は、過労による死亡を増加させることでです。不法な雇用主が従業員を搾取しているため、多くの日本の無実の労働者は毎年過労によって亡くなります。すでに死亡数が高すぎます。当然ながら人間の命は金銭よりも大切です。

第二に、裁量労働制の下では、労働者はオンとオフを区別することができません。今でも、多くの労働者はオフィスや自宅で長時間働いています。制度が拡大されれば、それら多くの人々がオフィスや家でもっと懸命に働くことになります。その後、彼らは死ぬでしょう。

最後に、制度は多くの業種で適切ではありません。この制度は、研究者や弁護士などの一部の業種のみ適しています。ほとんどの労働者は現在の制度の下で働いており、問題はありません。制度が拡大されれば、作業生産性が低下してしまいます。

上記の理由から、私は裁量労働制を拡大することに反対しています。この制度は、過労による死亡者を増やし、作業生産性を悪化させます。

まとめ

Should a discretionary working-hour system be expanded?「裁量労働制を拡大するべきか?」についての英検1級英作文形式で肯定、否定の双方の立場で書いてきました。具体例をもう少し考えて、整理した方が良いと思いますが、機会があれば訂正していきたいと思います。今後、英検の英作文や面接で同様の問題が出たときの参考にしていただければ幸いです。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事