この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 26 秒です。

professorとlecturerの違いのついてカランメソッドのレッスンで取り上げられたときに、覚えました。その時に得た知識と、後ほど辞書で調べた関連する語いも合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

professorについて

まずprofessorですが、アメリカ英語とイギリス英語では使われ方が少し違います。
アメリカ英語についてですが、大学教授という意味で、正教授、準教授、助教授ともに使われます。
順にfull professorが正教授、associate professorが準教授、assistant professorが助教授となります。

Oxford Advanced Learner's Dictionaryでは以下のように書かれています。

(North American English) a teacher at a university or college

professor noun - Definition, pictures, pronunciation and usage notes | Oxford Advanced Learner’s Dictionary at OxfordLearnersDictionaries.com
イギリス英語では講座を担当している教授をprofessor、助教授はreaderとなります。

Oxford Advanced Learner's Dictionaryでは以下のように書かれています。

(especially British English) (North American English full professor) a university teacher of the highest rank

professor noun - Definition, pictures, pronunciation and usage notes | Oxford Advanced Learner’s Dictionary at OxfordLearnersDictionaries.com

姓名の前ではProf.と略す場合があります。
Prof. Ann Williams
姓だけの場合は略さないです。
Professor Williams
名前の後につけるときは、正確にprofessorの地位を示します。
Ann Williams, Full Professor
アメリカ英語では、Dr. Williams, Mr. [Mrs.] Williamsという風に呼び掛けます。
また、adjunct professorは非常勤教授、visiting professorは客員教授、professor emeritusは名誉教授というように言います。

イギリス英語のreader「助教授」について、Oxford Advanced Leaner's Dictionaryでは以下のように書かれています。

(also Reader) a senior teacher at a British university just below the rank of a professor

reader noun - Definition, pictures, pronunciation and usage notes | Oxford Advanced Learner’s Dictionary at OxfordLearnersDictionaries.com

lecturerについて

アメリカ英語でlecturerは、assistant professor「助教授」の下位で、非常勤の講師となります。
イギリス英語ではprofessor「教授」の下で教授を補佐する講師となります。assistant lecturerから始まり、senior lecturerになります。ただ、senior lecturerのタイトルをreaderとしている大学が多いです。

Oxford Advanced Learner's Dictionaryでは以下のように書かれています。

(especially in Britain) a person who teaches at a university or college

lecturer noun - Definition, pictures, pronunciation and usage notes | Oxford Advanced Learner’s Dictionary at OxfordLearnersDictionaries.com

まとめ

いかがでしたでしょうか。細かいところでアメリカ英語とイギリス英語では、professorとlecturerの使われ方が違ってきます。通常ではアメリカ英語のprofessorに触れる機会が多いと思います。さまざまな英語に触れることで、この違いが理解できるようになります。今回の記事は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。
イングリッシュベルの公式ページ・無料体験はこちら


スポンサーリンク
おすすめの記事