この記事を読むのに必要な時間は約 7 分 51 秒です。

iKnow! はパソコンとスマートフォンなどで学習できる英語学習アプリです

私は iKnow! を 1000日連続学習 しました。1000日というと 2 年と約 9 ヶ月になります
この間に学習した内容をまとめてブログに書きます。

スポンサーリンク

オフィシャルコース

iKnow! はオフィシャルコースがたくさんあります。
その中から学習者が目的のコース名を選んで学習することになります。
私もこの方法でたくさんのコースを学習してきました。

この連続記録を達成するにあたって 2015年 8月 13日から 2018年 5月 8日にかけて 1日もかかさず学習しました。
正直、大変でした。
年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などは休みたいゆうわくにかられる時がありました。
また TOEIC や英検の試験を受ける当日は、試験が終わった後には疲れていて、やる気が出ませんでした。
iKnow! のトップ画面で連続学習日数を見ることができますので学習するときはいつも自然と目に入ります。
毎日見ているとやっぱり気になってずっと学習し続けました。
見事に iKnow! の思惑に引っかかりました。

オフィシャルコースもいくつかのコースをクリアすることができました。
そして TOEIC の試験勉強をいったん休止して、英検1級を受験するための学習を開始しました。

iKnow! も英検対策コースがあります。
ただ英検 4級から英検準 2級までになります。

また iKnow! によるとこの英検対策コースは 2017年 10月に新設されたとのことです。

英検 1級を学習するにあたり、iKnow! の留学準備コースを中心に学習してきました。
その中でも英検 1級に対応していると思われるコースは GRE Verbalセクション、GMAT Verbal セクションあたりになりました。

カスタム作成

それでも足りないという感じるようになりました。
英検 1級対策としてジャパンタイムズから「出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX 」という単語本が出ています。
カスタムコースでこの単語本を自分で入力して学習することにしました。
英検 1級の受験を何回か繰り返していくうちに、その学習効果を実感しました。
ただ最近受けた 2017年度第 3回で せっかく覚えた単語のいくつかを忘れてしまい、思うように点数が伸びませんでした。
そのときの筆記大問 1の結果は 18/25問でした。「出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX」に収録されている単熟語をすべて正解していたら 23/25問という結果になっていました。

ほかの iKnow! ユーザーに聞いたところ、プログレスが 100%でも久しぶりに学習すると忘れていることがあって、ショックを受けるといっていました。
人間は覚えたことを忘れるものですよね。

そこで「出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX」のプログレスをリセットすることにしました。

リセットすることで、例えばプログレスが 100%だったものが 0%になります。

プログレスを 100%にするまで長い時間がかかったのに、リセットするのは少しちゅうちょしました。

目的は英検 1級合格であって、iKnow! のプログレスを上げるのはその手段の一つしか過ぎないです。
目的をはっきりさせるという意味でもプログレスリセットを実行しました。

英検 1級のために作成したカスタムコースは、全部で 50 になります。

今回リセットしたコースもこれまでにいくつかのコースをクリアしました。

100%だったアイテムは忘れていても、初見の単語のように全く見当がつかないわけではなく、うろ覚えになっているだけだったりしました。

それでも忘れていることには変わりなかったので復習することで、その単語に対するきおく力を強くすることができます。

カスタム作成について

カスタムコースを作成することで iKnow! のオフィシャルコースにはない単語や熟語を学習することができます。
ただカスタムコースを作成するのにエクセルなどの表計算ソフトで CSV ファイルを使って一気に追加をするということができません。Anki はその点、CSV ファイルを使って一気に追加できるので優れています。

一つずつ手作業で追加するか、記事からアイテム追加を使って追加することになります。
記事からアイテム追加は楽ですが、思ったとおりの単語が追加されないことがあります。
自分で考えたとおりの単語を学習しようと思ったら面倒でも一つずつ手作業で作成したほうが確実です。

オフィシャルの留学準備コースを学習して思ったのは英検 1級で出題される単熟語をオフィシャルコースでカバーすることは難しいです。
英検準 1級まででしたらなんとかカバーすることができます。

カスタムコース編集が重い

カスタムコースの作成は先ほど述べたように一つずつ手作業で追加することになります。
正直動作が非常に重く完了するまで時間がかかってしまいます。

Anki の方は編集していても動作が軽いです。

そのこともあり、iKnow! には少し改善してもらいたいと思うときもあります。

最近久しぶりに自分でカスタムコースを作成しようとしましたが、以前英検 1級単熟語 EX を作成した時よりもまた重くなっていると感じ、途中でやめました。

DMM 英会話の有料会員は iKnow! を無料で使うことが出来ます。
iKnow! を使う人が増えたことにより一人ずつのリソースが減ってきたことが原因だと思います。
私は iKnow! の関係者ではないので正確なことはわかりません。
これはこれで iKnow! としてはうれしいことなのでしょうが、もう少し動きが軽快になってもらいたいと思います。

またひとつずつ追加とはいってもいったんアイテムを追加すれば、
1. 英語から日本語
2. 日本語から英語
3. リスニング
4.タイピングによる空所補充
の合計 4つの学習方法ができます。

これを Anki で同じようにするには、4種類別々に追加する必要があります。
それなりに手間がかかるということを考えると iKnow! でカスタムコースを作成するのも単純に悪いこととは言えないと思います。

DMM英会話

オンライン英会話のDMM英会話の有料会員の方は、iKnow!をずっと無料で使い続けることができます。
1年間で最大17,760円も節約することができます。
オンライン英会話をはじめてみたい方は、ぜひDMM英会話の無料体験をしてみてください。
DMM英会話とiKnow!で、オンライン英会話と単熟語の学習をお得に勉強することができます。

まとめ

連続1000日学習したことで、達成感を得ることが出来ました。iKnow! を使って効率よく英単熟語を覚えて、DMM英会話と合わせ、英語の3技能、リスニング、リーディング、スピーキングの学習をすることができます。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
おすすめの記事