この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 47 秒です。

complimentとcomplementの発音は同じですが、意味がまったく違います。さらにやっかいなことに形容詞について意味が違いますので、混同しがちです。できるだけわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

complimentについて

まずは、真ん中のスペルが「i」の「compliment」についてです。名詞と動詞があります。
名詞は可算名詞で「賛辞、お世辞」という意味で、複数形で「(時候などの)あいさつ、(敬意を表す)ていねいなあいさつ」という意味です。
動詞は他動詞で「人にお世辞を言う、ほめる」「人を祝う」「人に敬意を表する」という意味です。
発音は名詞は/ˈkɑːmplɪmənt/と発音します。動詞は/ˈkɑːmplɪment/と発音します。

pay [or make] a compliment
賞賛する

a heartfelt compliment
心からの賛辞

What a lovely compliment!
なんと素晴らしいお褒めの言葉なのでしょう。

pay a person a compliment = pay a compliment to a person
人に賛辞を呈する、お世辞を言う

the compliments of the season
(クリスマスや新年に取り交わす)時候のあいさつ

persent one's compliments to a person
人によろしく伝える

Please accept these flowers with the compliments of the manager.
部長よりお花の贈呈です、お受け取りください。

bouquet-872140_640

形容詞のcomplimentaryは「あいさつの」「(好意として)無料の」という意味です。

a complimentary address
祝辞

a complimentary copy
贈呈本

a complimentary ticket
招待券

complementについて

つぎに真ん中のスペルが「e」の「complement」についてです。こちらも名詞と動詞があります。
名詞は「補足して完全にするもの」といった意味です。
動詞は他動詞で「補って完全なものとする」という意味です。
発音は名詞が/ˈkɑːmplɪmənt/で、動詞が/ˈkɑːmplɪment/と発音します。

A good wine is a complement to a good meal.
ごちそうには上等のワインが付きものだ。

a house complemented by a beautiful garden
美しい庭があって申し分のない家

supplementとの違いはcomplementが2つのものの間での、相互補完に対して、supplementは、いちおう完全であったものが不足したために、後から補足するときに使います。

形容詞の「complementary」は「互いに補足し合う」という意味です。

a complementary color
補色

まとめ

いかがでしたでしょうか。TOEICでもcomplimentary「無料の」やcomplementary「補足的な」が出題されますので、TOEICを受験される方は覚えておくといいです。
今回の記事は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

お勧めのオンライン英会話、English Bell


スポンサーリンク
おすすめの記事