この記事を読むのに必要な時間は約 13 分 48 秒です。

オンライン英会話のENGLISH BELLはDMEメソッドという英語の直接教授法(ダイレクトメソッド)のレッスンがあります。DME BOOK 9 Module 1 を修了しましたので、参考にしていただくように感想を書いていきます。

スポンサーリンク

DMEメソッドについて

まずはDMEメソッドについて簡単に説明していきます。
DMEメソッドはダイレクトメソッドといって英語を直接使って会話をできるようにします。
私たちが英会話をするとき、母国語である日本語で考えてから英語に訳して発話するという過程を踏まえます。
ダイレクトメソッドは講師の質問に対して、生徒が条件反射的に答えると次の質問へと進んでいきます。レッスンの間は途中休憩がなく、どんどん進行します。
講師は同じ質問を2回繰り返して、生徒はその質問に対して答えます。このとき、文法や発音などが間違っていると正しく答えられるまで、繰り返します。
カランメソッドも同じダイレクトメソッドですが、先発はカランの方で、カランの講師たちが、改良を加えたのがDMEです。
カランメソッドでは、生徒の答える文章が長かったり、レベルが上がっていくときに途中で急に難しくなります。カランメソッドは文法について生徒が答える場面もありますが、DMEでは、文法や語いの問題が各Module毎にあります。
DMEの方は、カランほど極端に長い文章を生徒が答えることはありません。またレベルが上がっていく過程の難易度もゆっくりですので、急に難しくなることはありません。

DME BOOK 9 について

DMEメソッドは様々なラインナップがあります。

標準的なDMEメソッド (スタンダード)には、DME BOOK 1 から 6 まであります。

以前まで、DME ADVANCED と呼ばれていて、BOOK 6 を修了した生徒や、カランメソッドを全ステージ修了した生徒に、さらなるレベルアップをするために設けられていました。

その DME ADVANCED がスタンダードのDMEに集約されて、DME BOOK 7, 8, 9になりました。

DME ADVANCEDでは、DMEやカランメソッドと違って模範解答が記載されていませんでした。この時点での英語学習者であれば、文章を全て自分で答えるようになるようになっているので、レッスンでも自分で文章を組み立てて答えることを勧めてのことだと思います。
ただ実際、予習や復習をするときには模範解答があった方がやりやすいのは事実です。
今回の改訂で、DME BOOK 7, 8, 9にも模範解答が記載されるようになりました。

念のため、お断りしておきますが、私は現時点(2017年7月)で、DME BOOK 1 ~ 6 のレッスンは受けていません。

DMEメソッド (スタンダード)の最後のテキストになる DME BOOK 9 は難易度は当然高くなりますが、テキストの構成などはそれまでのDME BOOK 7, 8 と大差ないです。

ただ 各Module の最後に、Grammar and lexical part と言って文法と語い(ごい)のエクササイズがあります。

このエクササイズに、2つの語句の意味の違いを説明する問題、イディオムの空欄を埋めて、さらにその意味を説明する問題が加えられています。

2つの語句の意味の違いを説明する問題では完全文で答えることになりますので、よく理解していないとうまく答えるのはそれなりに難しいです。

イディオムの空欄を埋めて、意味を説明する問題は選択肢がありますので、当てずっぽうでも正解になるかもしれませんが、今回のModule 1 ではこのエクササイズが12問ありました。

いくつか忘れているイディオムがあり、それらは問題数の数と相まって当てずっぽうでも正解することが出来ませんでした。

BOOK 9 のボリュームはUnits 24までと、BOOK 8 のUnits 28 までに比べると少ないです。

もちろんBOOK 9 の方が難易度が高いですが、BOOK 8 よりは早く終われそうです。

このBOOK 9 を始める前に、BOOK 8の General Review を終わってから、General Review 2 が続きます。General Review 2 ではBOOK 7, 8 を始めからレビューすることになります。

このことから、BOOK 8 の通常のレッスンが終わってから、BOOK 9 を始めるまでは、それなりにかかります。

正直、大変でしたが、なんとしても最後のテキストまでやり遂げたいので、続けてレッスンをこなすことが出来ました。

目標を持って取りかからないと、カランメソッド、DMEメソッドは厳しいと思います。

ここら辺が普通のオンライン英会話のレッスンと違うところだと思います。

もちろんその分、成果は出ますので、続けていくことがとても大事です。

DME BOOK 9 Module 1

DME BOOK 9 Module 1 の内容の一部を簡単に説明していきます。

質問内容

以下の内容で教師が質問してきます。生徒はその質問に答えます。

暗い雰囲気はどういう意味ですか?

あなたの国の政府は、他の国の政治問題に関与すべきか、それとも無関心のままでいるべきか?

合板とは何ですか?

あなたは結婚して主婦になることを望むでしょうか、あるいはあなたはキャリアを持ち、あなたの配偶者と家事を分担するか、家政婦を雇うことを望みますか? それはなぜですか?

福祉に頼っている人たちを引き続き支援しなければならないと思いますか、それとも道路や公園の清掃のような地域内での仕事など何らかの仕事をするように彼らを訓練するべきですか?

あなたの職場の条件が満足出来ないと思ったら、あなたは会社を辞めますか、それともあなたの家族のために歯を食いしばって苦難に耐えますか?

"to daunt"という動詞はどういう意味ですか?

あなたが受けたサービスの品質に満足しなかったために、あなたは今までに苦情の手紙を書くことを余儀なくされたことがありますか?

内戦の危機に瀕しているというニュースを聞いたら、それはどういう意味ですか?

子供たちが、言語障害のあなたの隣人をからかったことに気がづいた場合は、そのことを対応しますか? あなたは子供たちに何と言いますか?

あなたはいつも好きなものを手に入れるために、才能を大いに表す人を知っていますか? 彼らはどのようにそれをするのですか?

あなたの上司が、全員明るいピンク色のユニフォームを着用することを強制する新しいルールを導入した場合、それに対して抗議しますか?

 

政治、社会またビジネスに関連する話題があり、ときどき単語の説明をすることがありました。

答えにくい質問があったりしましたが、模範解答を参考に自分で文章を組み立てるか、模範解答をそっくりそのまま使っていました。

先生によっては私の解答に対して、突っ込んで聞いてくるときがありますが、そんなときこそフリートーキングの練習にもなります。

語句

lugubrious 形容詞 悲しげな

dejected 形容詞 〈人・顔つきなど〉気落ちした, 落胆した

ambience 名詞 環境; 雰囲気

plywood 名詞 (ベニヤ)合板

food stamp 名詞 食料切符《特定の店で普通価格以下で食料品が購入できる; 貧民救済のため政府(農務省)が発行》

put somebody off …の気力[意欲]をくじかせる

put up with …を我慢する

grit one's teeth 歯を食いしばる; (歯を食いしばって)頑張る

frown upon 〔…に〕不賛成の意を示す

wedlock 名詞 結婚生活

daunt 他動詞 おじけづかせる

taunt 他動詞 (皮肉にまたはののしって)なじる 名詞 痛烈な皮肉, あざ笑い

jeer at あざける

eavesdrop 自動詞 〔人の会話などを〕立ち聞きする 〔on〕

teeter 自動詞 動揺する 他動詞 (シーソーのように)上下に動かす 名詞 動揺

giggle 自動詞 くすくす笑う 他動詞 くすくす笑って言う 名詞 くすくす[忍び]笑い

take off まねる, ものまねする

apt 形容詞 〔ある事に〕機敏な, 才能[素質]のある, 頭の良い

shipyard 名詞 造船所

remonstrate 自動詞 いさめる 他動詞 いさめる

[株式会社研究社 新英和大辞典第6版]

新英和大辞典はアプリでもあります。興味のある方は以下をタップしてみてください。

新英和大辞典第6版

 

模範解答の長さについて

模範解答の長さでカランメソッドを断念してしまった方もいるかもしれません。DMEはカランよりは解答の長さは短いです。それでも BOOK 9 ともなるとそれなりに長くなります。

今回の BOOK 9 Module 1 では、以下の模範解答が長かったです。

If I were interested in buying a house, but when I went to view the property all the windows and doors in the street were boarded up, I would feel a little scared.

文字数は33文字です。その他の模範解答の文字数を全て数えたわけではありませんので、これ以上長い解答もあるかもしれません。ですがだいたい長くてもこれくらいの長さです。

残念な点

ここまでテキストの内容を書いてきましたが、残念な点も包み隠さず書いていきます。テキストにはBOOK 7, 8の時ほどではありませんが、誤植が見受けられました。改訂で修正されるかもしれませんが、以下に具体的に書いていきます。私自身が間違っているかもしれませんので、参考程度にとどめてください。ちなみに私のテキストは 2015 international edition です。

4 誤) Yes, I lived in dormitory 正) Yes, I lived in a dormitory

10 誤) Yes, I enjoy watching TV programs 正) Yes, I enjoy watching TV programmes 説明) 間違いではありませんが、教師の質問と合わせて、イギリス英語の方にしました。

A6 Grammar and Lexical Part Ex. 7 12 誤) Definition: when is't 正) Definition: when it's

レッスンを受けるに当たり

テキストの内容をほんの一部ですが紹介しました。正直日本語で考えても難しいと思うことがたくさんあります。予習と復習はどうしても必須になってきます。

生徒自身のことについて質問されたときの模範解答は当然ながら違っていたりします。

私自身は、模範解答を元に自分に合わせて変更した原稿を使って予習と復習をしています。

ですのでレッスン以外にも時間を確保する必要がどうしても出てきます。

大体の目安として、レッスンが2コマ合わせて50分とすると、予習に30分から40分、復習は20分くらいかけています。難易度や進ちょく状況によっても違いますので、一つの目安程度に捉えてください。

 

レッスンはスピードを重視する教師もいれば、徹底的に正しく言えるまで繰り返す教師もいます。理想としては交互にレッスンを受けることがいいと思います。レッスンの最初に前回のレッスンの復習をします。スピードを重視する教師のレッスンでうまく言えなかった文章を、徹底的に正しく言えるまで繰り返す教師のレッスンで正しく言えるまで復習することができます。

予約がうまくそのようになるとは限らないですけど、できる限りそのように予約するように心がけています。

まとめ

いよいよ最後のテキストBOOK 9を始めることが出来ました。

英語に限った話ではありませんが、結局は継続することが一番重要ですので、続けていきます。

English Bellでは2回の無料体験レッスンをすることができます。実際に体験してみないと分からないこともありますので、気になった方は無料体験レッスンをすることをお勧めします。

現在(2017年7月15日から8月31日まで)レッスン増量サマーキャンペーンを行っています。

最大で5レッスンを追加料金なしで受けることが出来ます。

この機会にご検討ください。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
おすすめの記事