この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 54 秒です。

 前回、絵で見る英語 English Through Pictures Book 1を紹介しました。

今回は、Book 2について書いていきます。
絵で見る英語 English Through Pictures Book 2を2010年10月に、別売りのCDと一緒に購入しました。
このBook 2もBook 1同様、ロングセラーになっています。

スポンサーリンク

ロングセラー

1975年4月に初版発行、2005年10月に初版第43刷発行、2006年8月に改訂新版第1刷発行、2010年3月に改訂新版第7刷発行となっています。

今回のBook 2では、新たに450語が使用されていて、Book 1の300語と合わせて750語となっています。
英語学習者がまず初めにおぼえるべき言葉を使って、単色のイラストとCDに収録されている音声を使って、英語を直感的におぼえることができます。
本書は2005年に改訂されたとき、いくつかのイラストとともに価格や事実情報等も、その時の最新のものに変更されています。

体を使って直感的に学習

学習するに当たっては、Book 1と同様、イラストにある動作を同じように行いながら、音声を聞いて、自分でも発言することで、おぼえやすく忘れにくくなります。
例えば、水の入ったグラスにえんぴつを入れて、えんぴつが光の屈曲で曲がったように見えるところで、実際に同じようにすることで、目の前に実際に見えることと、音声で聞こえている内容が連動して、この光の屈曲現象が直感的に英語でおぼえることができます。
本書では、また工作や裁縫(さいほう)も出てきますので、それらもぜひ実際に用意してみるといいでしょう。

文法では、比較級、受動態が出てきます。
Book 1より高度な英文法となりますが、繰り返し本書を聞くことで身につけることができるでしょう。

地球の公転と自転、地球と月の引力、重力、光の速度、最も近い恒星までの距離といったことも英語で書かれています。
英語の学習を通じて、これら科学の知識を深めることも出来るので、一石二鳥です。

テストに挑戦

また、Book 1同様、各単元の最後にQuestionsがありますので、問題を解いてみて、正解するまで、繰り返しその単元をするとより効果的です。
また、巻末にライティングテストもありますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

本書の新刊、絵で見る英語 Book 2【MP3形式CD付】が2013年6月に発行されましたので、そちらの方が便利でしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事