この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 4 秒です。

前回紹介した電話を取るときの英会話表現を追加で紹介します。今回は、電話を代わるとき、つなぐときに使える英会話表現について主に紹介します。オンライン英会話で練習をして、実際の場面で役立てて下さい。

スポンサーリンク

(電話をつなぐ人の名前)さん、電話です。

There's a call for you, Mr. Mason.
メイソンさん、電話です。

A phone call for you.
You have a phone call.
You have a call.
あなたに電話ですよ。

どなたかからお電話ですよ。

Someone's waiting on the line for you.
どなたかからお電話ですよ。

電話口の相手が名乗らなかったり、名前が聞き取れなかったりする場合があると思います。そんなときは、主語をsomeoneにしましょう。

You're wanted on the phone.
お電話ですよ。

Mr. Mason, you're wanted on the phone.
メイソンさん、お電話ですよ。

Mr. Mason, you're rung up.
メイソンさん、お電話ですよ。

Someone would like to talk to you on the phone.
どなたかからお電話ですよ。

It's for you.
あなたに電話ですよ。

Can you take a call now?
電話を取ってもらえますか?

Do you have time to take a call?
電話を取っていただけますか?
do you have time?で「お時間はありますか?」という意味です。

man-wearing-blue-blazer-on-business-meeting-picjumbo-com

(電話の相手の名前)から電話がかかっています。

There's a call from Ethan.
イーサンから電話がかかっています。

Ethan wishes to talk to you.
Ethan would like to speak to you.
イーサンがあなたと話したいそうです。

Ethan wants to have a word with you on the phone.
イーサンが一言二言、電話にて話したいそうです。
have a word with X: Xと一言二言交わす

Ethan wants you on the phone.
イーサンがあなたと電話で話したいそうです。

(内線番号)に(電話の相手の名前)さんからお電話です。

Mr. Noah's waiting on line 7.
Mr. Noah is holding on line 7.
7番にノアさんからお電話です。

Mr. Noah, line 7.
Mr. Noah on line 7.
7番にノアさんからお電話です。(インフォーマル)

There's a Mr. Noah on line 7.
ノアという人から7番に電話です。
a (名前)で、「(名前)という人」という意味になります。
名前の前にa [an]をつける表現です。
a [an]と固有名詞で、可算名詞として使われています。
「(名前)という人」「(有名人)のような人」「(名字)家の人」「(作者、企業名)の作品、製品」というように使われます。

You have a call from Mr. Noah on line 7.
ノアさんから7番に電話です。

以上です、電話を代わるとき、つなぐときに今回紹介した英会話表現を使って役立てた頂ければ幸いです。オンライン英会話で練習してから、使って下さるとより実践的です。最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
おすすめの記事