この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 22 秒です。

伝達動詞のsayとspeakとtalkとtellは「言う」や「話す」と訳されることが多く、お互いが似ています。使い方に気をつけた方がいいので解説していきます。

スポンサーリンク

sayについて

sayは「言う、述べる」と訳させて、どんなことを言ったかについて焦点が置かれます。that節を用いて内容を説明することもあります。必ずしも人を必要としません。言う相手の人をあらわすときはto + (人)となります。

say yes
はいと言う

say no
いいえと言う

He said that he would come today.
彼は今日うかがいますと言った。

He said nothing to me about it.
彼はそれは私には何でもないと言った。

speakについて

speakは「話す、語る」と訳されます。話す行為や話し方について説明するときに用います。必ずしも人を必要とせず、話している人をあらわすときは、to + (人)やwith + (人)と言う形を用います。その後にabout + (内容)を続けるときがあります。

speak more slowly
もっとゆっくり話す

speak more clearly
もっとはっきり話す

speak a good deal
よくしゃべる

speak a verry little
ほとんどしゃべらない

Let me speak.
私に言わせて下さい。

I've spoken to the manager about it.
上司とその事について話している。

sunglasses-hand-smartphone-desk

Can I speak with you for a minute?
少し話せますか?

Speak of the devil
うわさをすれば影

ある人のことを話していたら、ちょうどその話題にしていた人が現れるという意味です。

Speak of the devil, here comes boss.
うわさをすれば影、上司が来た。

talkについて

talkは人と話すときに用います。to + (人)と言う形を用いて、話している相手を差します。また、アメリカ英語ではwith + (人)という形で使うことが多いです。

He is talking to her.
彼は彼女と話をしている。

fp4r72oqii

The student talked with his teacher.
生徒は先生と話をしていた。

目的語に話の内容を置くこともあります。

The business person talks business.
実業家は商売の話をする。

The political reporter talked politics.
政治記者が政治について話をした。

People will talk.
人の口に戸は立てられぬ、世間は口がうるさいもの

人はうわさ話をするものだという意味の英語のことわざです。
この場合のwillは主語の習慣・習性をあらわしています。「~するものだ」と訳されます。

tellについて

tellは、話している内容に焦点を置かれます。二重目的語を伴って、tell + (人) + (内容)のようにあらわします。

She told everyone the news.
彼女はみんなにそのニュースを知らせた。

また、tell + (内容) + to + (人)の形にすることもできます。

She told the news to everyone.
彼女はそのニュースをみんなに知らせた。

I'll tell you what.
こうしようよ。

提案を言うときに使うイディオムです。

まとめ

これら4つの動詞は、日常の英会話でよく使う動詞ですので、その違いに注意しながら使い分けられるようにして下さい。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

イングリッシュベルの公式ページ・無料体験はこちら


スポンサーリンク
おすすめの記事