この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 6 秒です。

QQ Englishでカランメソッドという英語学習法を取り入れたオンライン英会話を受講しました。QQ Englishの講師は全員が国際資格TESOLを所得しています。講師の質では間違いなくトップクラスのオンライン英会話スクールです。これまで私が実際に受講して気がついた事を書いてきました。今回はその6回目です。

スポンサーリンク

カランメソッドを始めるのに最適なレベル

カランメソッドを始めるのに最適な英語のレベルを考えてみました。私の例で行きますと、QQ Englishでカランメソッドを始める直前のTOEICのスコアは725点でした。カランメソッドのことは私が始めた2015年4月より前から知っていました。その前に受講していたオンライン英会話スクールはぐんぐん英会話です。こちらでSIDE by SIDEのテキストを使ってレッスンをしていたのですが、このシリーズはSIDE by SIDE 4が最後なのですが、SIDE by SIDE 4を終えてからしばらく、The Japan Timesの記事を使ったレッスンなどをしていました。このレッスン自体はよかったのですが、レッスン中、自分でも文法の誤りや単純な単語が出てこないことにいらだちを感じ、カランメソッドを始めることに決めました。今から思うと正直、始めるのが遅かったと思います。もう少し低いスコア、例えばTOEIC 600点くらいから始めてもよかったのではないかと少々後悔しています。ただ記憶があいまいなのですが、その頃はカランメソッドのことを知らなかったと思います。また逆に、600点よりも更に低いスコアですと、続けられずに途中で挫折していたかもしれません。私がTOEIC 400点くらいの時に仮にカランメソッドを始めていたとしたら、自信を持てずにオンライン英会話に対して苦手意識をもってしまっていたのかもしれません。私の考えではTOEIC 600点がカランメソッドを始めるのに最適な時期なのではないかと推測しています。

QQ Englishによる研究結果

QQ Englishでは明治大学の学生21人にカランメソッドの講座を受ける前後にTOEICを受験してスコアを比較した研究があります。

QQ Englishのカランメソッドの効果

この中ではTOEIC 275点だった学生がカランメソッドを受講した後に525点と250点もスコアを上げているのが目立ちます。ただこの研究の中では、300点未満の学生はこの学生だけだったので調査対象が少ないのが気になります。またこの21人の学生の平均スコアは受講前と受講後でそれぞれ約590点と695点です。

600点未満の人へのアドバイス

600点未満の人がカランメソッドを始めるとしたら、大変ですがとにかく、Stage 6くらいまでは続けた方が効果があります。ただどうしても大変で続けられそうになかったらスクールに相談してほかのレッスンを受けるのもいいと思います。英語は継続が大事です。カランメソッドは素晴らしい学習方法ですが、あくまで学習方法の一つです。他の方法で学習をして、とにかく継続をして、ある程度英語力が身についてから再度カランメソッドに挑戦をすることも一つの方法だと思います。Stage 1から3までは比較的簡単ですが、Stage 4から急に難しくなります。逆に言えばStage 3までは、カランメソッドに慣れるための練習で、カランメソッドの本領はStage 4からとも言えます。難しさに圧倒されそうになりましたら、いったん立ち止まって先に述べました選択も検討してみてください。ご健闘をお祈りします。

まとめ

いろいろと書いてきましたが、最終的に判断をするのは自分自身です。まずは無料レッスンで一度カランメソッドを受講してみてください。やはり実際に自分で受講をしないとわからない部分もあります。今回の記事は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事