Page Turners The Strangerを読んだ感想:英語多読


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分 4 秒です。

英語多読の一環として多読をしています。9歳で英検1級を合格した子は大の読書好きだそうです。今回は Page Turners シリーズから The Stranger by Andrew Watson の簡単な内容と読んだ感想を書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Page Turners

Page Turners は Cengage Learning と National Geographic Learning が出版する英語学習者向けのグレーデッドリーダーのシリーズです。
英語学習者とは、英語を母語としない人のうち英語を勉強する人を言います。
Page Turners は英語学習者が無理なく読めるように書き下ろされた新シリーズです。
日本の学習者を熟知したロブ・ウェアリングが監修しています。
学習者のレベルに合わせて12段階に分けられています。
楽しみながら多読を通じて、初心者から上級者まで英語が上達できるようになっています。
アクション、ロマンス、スリラー、犯罪、ミステリー、ドラマ、ヒューマンインタレストなどさまざまな人気のジャンルを楽しめます。
総語数約3,000語から20,000語をカバーした60冊があります。
Review でクロスワードパズルなど、本編をどれくらい理解しているかを楽しみながら確認するクイズがあります。
メインストーリーに関連した短いノンフィクションのリーディングも掲載
ストーリーにでてきた語いを復習する Glossary
教員用 WEB にアクティビティワークシートも掲載
さらにngl.cengage.com/pageturnersにアクセルすると、ネイティブスピーカーが本編の音声を全て収録している、無料の MP3 ファイルをダウンロードして聞くことが出来ます。

わたしは Page Turners シリーズの内 Oscar’s Journey と Mercy Killer を以前読みました。

Page Turnersという英語学習者向けのグレーデッドリーダーのシリーズから、Oscar's Journey by Fiona Jose...
英語学習の一環として多読をしています。今回は Page Turners シリーズから Mercy Killer by Andrew Wats...

The Stranger

ジャンル

ミステリー/ロマンス

登場人物

Anna Cross (アンナ・クロス): Kilverbeg (キルヴァバーグ)という小さな町の郵便配達員
Callum McKendry: Kilverbeg (キルヴァバーグ)を訪れているミステリアスな男性
Stuart Cross: Anna (アンナ)の父親で漁師
Donald Ferguson: Kilverbeg (キルヴァバーグ)の警察官、男性

舞台

Scotland (スコットランド)の小さな町、Kilverbeg (キルヴァバーグ)

あらすじ

かつて漁業で栄えたスコットランドの小さな町キルヴァバーグ。ここでは変ったことが起こるとたちまち噂の種となる。特によそから来たミステリアスな男性が移り住んできたとなれば、住民たちはその噂に持ちきりだった。郵便配達員のアンナ・クロスもその一人だが、徐々に新住人のカルムと親しくなるにつれ、彼が過去を隠そうとしていることに気づく。ついにその秘密を知ることとなった時、彼女を待ち構えていた真実とは?

総語数

総語数は13,531文字です。仮に180wmpで読むとして、約76分です。1時間半もあれば読めます。

主要語

主要語は2,600文字です。

レベル

Page Turners シリーズは全部で12レベルあります。本書は一番上位のレベル12です。
CEFR level B2/C1 の読者を対象としています。
B2 は英検準1級、TOEIC L&R 785
C1 は英検1級、TOEIC L&R 945
英検準1級と1級、TOEIC L&R 785 – 945 以上の方にお勧めです。

感想

前回と同様に今回も MP3 音声ファイルを聞きながら読みました。この Page Turners シリーズのいいところは、何と言っても無料でダウンロードすることが出来る MP3 ファイルがあることです。
音声があるのでリスニング対策にもなります。
話の内容に集中することも出来ます。

物語は小さな町キルヴァバーグの郵便配達員のアンナを中心に、一人称で話が進んでいきます。
ミステリアスな男性カルムがキルヴァバーグを訪れたところから物語が始まります。
事件があり、そして…。

総語数が短いこともあり、一気に読みました。
スコットランドはヨーロッパ有数の漁業が盛んなところですが、近年では漁業が衰退しているそうです。
産業の栄枯盛衰という現実の一例を知ることが出来ました。

巻末の Review には前半、中盤、終盤に分かれて理解度チェッククイズがあります。
また Background Reading ではスコットランドの沿岸について、写真付きで詳しい解説があります。
Think About It でスコットランドの地図と共に2つの質問があります。
オンライン英会話のレッスンなどでディベートする題材にしてもいいと思います。

まとめ

無料の音声ダウンロードサービスや、理解度チェッククイズ、物語に関連した事柄の読み物とグレーデッドリーダーも進化しています。
物語に関連した事柄の読み物 Background Reading を英会話に活用することも出来ます。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする