この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 2 秒です。

2017年11月26日に英検サンプルテストを受験してきました。テスト内容などは、公開厳禁なので書くことができませんが、感想を書いていきます。

スポンサーリンク

試験会場

試験会場は、私の場合は南山大学でした。普段の英検本試験の時は、岐阜で受けています。会場までは遠かったけれど、がんばって行ってきました。南山大学の門近くの道路は、なんと傾斜25度ととても急な上り坂!行きは当然大変だけど、帰りも下りが急なのでちょっと大変でした。

南山大学の学生さん、教授たち、お疲れさまです。

この急斜面は、冬場に雪が降ったら、転がり落ちていきそうです。

試験会場まで遠いのは、本試験と違って受験者が少ないこともありますので、致し方ないです。もちろん受験者の住所が試験会場に近かったら楽ですですけれど。

謝礼

試験内容は書くことができませんが、リーディング 75分とライティング 25分ありました。試験の難易度と形式から、英検1級の問題になります。

リスニングがなかったのは残念ですが、無料なので致し方がないです。

試験が終わったら、謝礼の図書カード1000円分をもらいました。

せっかくなので、英検1級の参考書の英検1級リスニング問題150 (英検分野別ターゲット)の購入資金の一部に使いました。

受験した方が良い

本番と違うので、緊張感は違ってきますが、ほかの受験生が同時に同じ試験会場で試験を受けるという機会はなかなかないので、良い機会なので案内ハガキが届いたらぜひ申し込むことをおすすめします。受験料がいらないということもあります。交通費などは要りますけれど。

まとめ

英検サンプルテストは今回初めて受験しました。なかなかない機会ですし、本番の雰囲気に慣れるためにも、繰り返しになりますが、案内ハガキが届いたら申し込みをすることをおすすめします。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事