この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 27 秒です。

オンライン英会話のレアジョブを1ヶ月間受講しました。受講を開始する前に抱いていた不安がありました。ネット上ではレアジョブの講師の評判が良かったり、悪かったりと非常に激しいと言うことです。私なりに感じたことと、オススメの先生の選び方を書いていきます。

スポンサーリンク

低価格だからなのか?

私は今まで、QQ English と English Bell のオンライン英会話を受けてきました。そのほかにもぐんぐん英会話と EF English Live (旧 EF Englishtown) のオンライン英会話も受けてきました。特に QQ English と English Bell の講師の質の高さには満足していました。

料金体系を見ていきます。
レアジョブは日常英会話毎日100分プランの場合、1レッスン129円(税別)です。

QQ English は毎日100分プランの場合、1レッスン127円(税別)になりますが、50ポイント教師の一般的な教師しか選べません。より教え方のうまく経験があり生徒からの人気も高い講師となると月会費プランになり、1レッスン460円(税別)からとなってしまいます。

English Bell はデイタイム月40回プランで1レッスン385円(税別)となります。

レアジョブの最安値と QQ English の月会費プランを比べると約3.6倍になります。
レアジョブの最安値と English Bell の最安値を比べると約3倍になります。

料金体系の違いからするとある程度割り切りが必要なのかなと正直思ってしまいます。
一方でいくら低価格でもお金を払っている以上それなりのレッスンを受けたいというのが本音です。
オススメの講師の選び方を書いていきます。

オススメ講師

TOEFLスピーキング対応

TOEFLスピーキング対応講師を何人か受講しましたが、さすがに教え方がうまく、こちらが話した内容と、その内容を元により良い文の両方を Skype のチャットに入力してもらいました。
レッスンはTOEFLスピーキングはもちろんほかのレッスンにも対応していますので、TOEFLを受ける予定がない方も積極的にTOEFLスピーキング対応講師を選んだ方が絶対に良いです。
「TOEFLスピーキング対応」をクリックしたら、「ブックマーク数順」をクリックすると生徒の人気順になります。

英文学科

大学で英文学科を専攻していた講師は、さすがに英語が特に上手いと感じました。レッスンではノーベル文学賞作家カズオ・イシグロのベストセラーの小説 Never Let Me Go (わたしを離さないで)の話で盛り上がることができました。
選び方は「さらに詳しい条件を指定する」をクリック。


「学科を選択」をクリック、「人文科学科」をクリック、「英文学科」をクリックして「確定」をクリック。


さらに「ブックマーク数順」をクリックすると生徒の人気順になります。

センター講師

レアジョブは、ほとんどが講師の自宅からのレッスンとなっていますが、一部の講師はセンターでレッスンを行っています。通信回線も安定していて、センター講師は全員ビデオ通話となります。
講師の質もいいです。
発音の指導も適切に指導していただいて、発音が悪かった部分をレッスン中に何度か言うように指導していただきました。

フィリピン大学在校・卒業とビデオ通話多め

上記3つの方法で選べなかった場合は、「フィリピン大学在校・卒業」も良いと思います。
ほかには「ビデオ通話多め」も選んだ方が良いと思います。発音練習などはビデオ通話でないと効率悪いですし、ビデオ通話があった方が映像を通じて講師側の雰囲気が伝わりやすいです。

まとめ

レアジョブのオススメ講師の選び方を書いていきました。
「TOEFLスピーキング対応」「英文学科」「センター講師」を中心に、「フィリピン大学在校・卒業」と「ビデオ通話多め」を選べば良い講師に出会える確率は高まります。レッスンを受けて満足したらブックマークをつければ次回からは選ぶのが楽になります。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
おすすめの記事