この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 57 秒です。

英検1級過去問題集の2014年度版と2016年度版、12回分(1冊当たり6回分)を1周目に解いた結果を公開します。
リスニング、リーディングのそれぞれのパート毎の正解数と正解率を合わせて表にまとめました。

スポンサーリンク

リーディングの結果

まず始めに問題の収録内容について説明します。2014年度版は2011年度第3回から2013年度第2回、2016年度版は2013年度第3回から2015年度第2回まで収録されています。それぞれ新しい順から収録されています。
2014年度版から順番通り解いたので、2013年度第2回から始まり、2011年度第3回で1冊目が終了し、2015年度第2回から2013年度第3回で全12回分が終了しました。
それではリーディングの結果について簡単に書いていきます。

リーディングのパート1は文脈に合う適切な語句を補う問題です。全パートを通じて正答率が安定している方です。しかしその結果は36%から68%と最も高かった正答率でも80%に届いていません。

パート2は正答率が0%から50%と、最高正答率が全パート中、最も低い結果になりました。

パート3は正答率が20%から60%と、パート2ほど悪くはないにしても、こちらも最も高かった正答率でも80%に届いていません。

リーディング全般的にいえるのは、わからない語句が多かったです。パート2と3でも、話の内容がわからないことがありました。部分的な文なら理解できても、いざ問題を解こうとすると選択肢を絞りきれずに勘で解くことが多かったです。
やはり語句の強化が必須だというのがこの結果から読み取れます。

リスニングの結果

私はリーディングに比べてリスニングの方が得意で、TOEICでもリスニングのスコアが高いのですが、英検1級過去問についても同じ結果がでました。リスニングのパート3と4に関しては、最も高い正答率で、それぞれ80%と100%を取ることができました。ただパート4は問題数が2問だけですので、勘で答えても2問とも正解する確率が他のパートと比べて高いことから、結果だけを見て楽観視することはできません。

パート1は会話の内容に関する質問に答えるのですが、全部で10問あり徐々に難しくなり、10問目は3人での会話になります。しっかり聞いていないと問題は誰の発言に対して聞いているのかわからなくなります。

パート2は社会性の高い内容を1つのパッセージにつき2つの問題に答えるのですが、リスニングの中でも特に難しいです。

パート3はReal-Life形式の放送内容に関する質問に答えます。放送の前に10秒間ずつ時間を与えられて、その間に問題用紙に書かれている状況と質問を読むのですが、条件が2つ以上あるときは、放送を聞いているときもしっかりとその条件を理解していないと、選択肢を選ぶことが難しくなります。

パート4はインタビューの内容に2つの質問がされるので、答えることになります。このインタビューは聞き手とインタビューを受ける人との会話形式で3分近くあります。インタビューを受ける人は毎回その道のプロが仕事の内容などを話します。ときどき口ごもったり、言い直したりするので臨場感があります。この問題は特に高い集中力を要します。リスニング力を最大限使って全力で問題に取り組むことが大事になります。

過去問の結果を表にしました

12回分の1周目の過去問を解いた結果を表にしてみました。
問題を解いてから期間が経っていることもあり客観的に見ることができます。まだまだ本試験に挑むには力不足だと言うことがこの表からも見て取れます。
精進あるのみですので、これからも勉強に励んでいきます。

DateExamPartCorrectNOQPercentage
April 13, 20162013-2Reading Part 1172568.0%
April 13, 20162013-2Reading Part 21616.7%
April 13, 20162013-2Reading Part 341040.0%
April 13, 20162013-2Listening Part 151050.0%
April 13, 20162013-2Listening Part 251050.0%
April 13, 20162013-2Listening Part 32540.0%
April 13, 20162013-2Listening Part 4020.0%
April 25, 20162013-1Reading Part 1122548.0%
April 25, 20162013-1Reading Part 21616.7%
April 25, 20162013-1Reading Part 331030.0%
April 25, 20162013-1Listening Part 111010.0%
April 25, 20162013-1Listening Part 251050.0%
April 25, 20162013-1Listening Part 31520.0%
April 25, 20162013-1Listening Part 4020.0%
May 20, 20162012-3Reading Part 1112544.0%
May 20, 20162012-3Reading Part 23650.0%
May 20, 20162012-3Reading Part 321020.0%
May 20, 20162012-3Listening Part 131030.0%
May 20, 20162012-3Listening Part 231030.0%
May 20, 20162012-3Listening Part 3050.0%
May 20, 20162012-3Listening Part 4020.0%
May 24, 20162012-2Reading Part 1122548.0%
May 24, 20162012-2Reading Part 21616.7%
May 24, 20162012-2Reading Part 361060.0%
May 24, 20162012-2Listening Part 161060.0%
May 24, 20162012-2Listening Part 251050.0%
May 24, 20162012-2Listening Part 31520.0%
May 24, 20162012-2Listening Part 4020.0%
May 30, 20162012-1Reading Part 1112544.0%
May 30, 20162012-1Reading Part 2060.0%
May 30, 20162012-1Reading Part 351050.0%
May 30, 20162012-1Listening Part 121020.0%
May 30, 20162012-1Listening Part 271070.0%
May 30, 20162012-1Listening Part 32540.0%
May 30, 20162012-1Listening Part 41250.0%
June 3, 20162011-3Reading Part 1132552.0%
June 3, 20162011-3Reading Part 23650.0%
June 3, 20162011-3Reading Part 331030.0%
June 3, 20162011-3Listening Part 151050.0%
June 3, 20162011-3Listening Part 251050.0%
June 3, 20162011-3Listening Part 32540.0%
June 3, 20162011-3Listening Part 422100.0%
June 7, 20162015-2Reading Part 1122548.0%
June 7, 20162015-2Reading Part 22633.3%
June 7, 20162015-2Reading Part 321020.0%
June 7, 20162015-2Listening Part 161060.0%
June 7, 20162015-2Listening Part 261060.0%
June 7, 20162015-2Listening Part 34580.0%
June 7, 20162015-2Listening Part 4020.0%
June 13, 20162015-1Reading Part 1132552.0%
June 13, 20162015-1Reading Part 22633.3%
June 13, 20162015-1Reading Part 331030.0%
June 13, 20162015-1Listening Part 161060.0%
June 13, 20162015-1Listening Part 241040.0%
June 13, 20162015-1Listening Part 34580.0%
June 13, 20162015-1Listening Part 41250.0%
June 17, 20162014-3Reading Part 192536.0%
June 17, 20162014-3Reading Part 23650.0%
June 17, 20162014-3Reading Part 321020.0%
June 17, 20162014-3Listening Part 111010.0%
June 17, 20162014-3Listening Part 221020.0%
June 17, 20162014-3Listening Part 31520.0%
June 17, 20162014-3Listening Part 4020.0%
June 21, 20162014-2Reading Part 192536.0%
June 21, 20162014-2Reading Part 2060.0%
June 21, 20162014-2Reading Part 331030.0%
June 21, 20162014-2Listening Part 121020.0%
June 21, 20162014-2Listening Part 241040.0%
June 21, 20162014-2Listening Part 32540.0%
June 21, 20162014-2Listening Part 422100.0%
June 27, 20162014-1Reading Part 1102540.0%
June 27, 20162014-1Reading Part 21616.7%
June 27, 20162014-1Reading Part 331030.0%
June 27, 20162014-1Listening Part 141040.0%
June 27, 20162014-1Listening Part 221020.0%
June 27, 20162014-1Listening Part 33560.0%
June 27, 20162014-1Listening Part 41250.0%
June 30, 20162013-3Reading Part 192536.0%
June 30, 20162013-3Reading Part 23650.0%
June 30, 20162013-3Reading Part 351050.0%
June 30, 20162013-3Listening Part 151050.0%
June 30, 20162013-3Listening Part 261060.0%
June 30, 20162013-3Listening Part 31520.0%
June 30, 20162013-3Listening Part 4020.0%



スポンサーリンク
おすすめの記事