この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 24 秒です。

英検1級過去問題集の2014年度版と2016年度版、12回分(1冊当たり6回分)を2周目に解いた結果を公開します。
リスニング、リーディングのそれぞれのパート毎の正解数と正解率を合わせて表にまとめました。

スポンサーリンク

2周目を始める前に

英検1級過去問題集の2014年度版と2016年度版を利用して、合計12回分の過去問題を、2016年4月13日から6月30日にかけて解きました。
その時の成績があまりにもひどく、自分には語い力が圧倒的に不足していることを身にしみて感じました。そこで、いったん過去問題集は脇に置いて、英検1級文で覚える単熟語三訂版(通称:文単)の精読と10往復の多読に取りかかりました。付属のCDを使ってリスニング対策にもなるのでとても有効です。
文単の多読を10往復した後で、過去問の2周目を7月27日から9月12日にかけて解きました。1回ずつ問題を解いたら復習をしていますが、1周目より2周目の方が復習に掛かる時間が短くなりました。この過去問に慣れてきたことと文単の効果が現れていると思います。

1周目の成績については以下を参照願います。

文単については以下を参照願います。

リーディングの結果

リーディングのパート1は文脈に合う適切な語句を補う問題です。1周目でもそうでしたが、この2周目においても全パート中最も安定した成績を取っています。正答率は、52%から84%でした。正答率が高いときで80%を超えたことはうれしいです。今後の課題は最低の正答率を上げていきより高い正答率を保つようにしていきたいです。

パート2はパッセージ(長文)の空所に文脈に合う適切な語句を補う問題です。正答率は33%から100%でした。こちらも低いときの正答率を今よりも上げていきたいです。問題の空所の前後の文を正しく理解しておくことで、正確に早く解けるようになります。

パート3はパッセージ(長文)の内容に関する質問に答える問題です。正答率は10%から60%でした。一番高い正答率が60%ですが、これは全パートを通して最も低い成績でした。この成績を踏まえて、自分にはまだまだ多読が足りていないと言うことが実感しました。

リスニングの結果

リスニングのパート1は会話の内容に関する質問に答える問題です。正答率は30%から70%でした。こちらも他のパート同様、いかに安定して高い正答率を保つかが今後の課題です。

パート2はパッセージの内容に関する質問に答える問題です。学術的なパッセージですので、幅広い分野の語いの知識が必要になります。正答率は10%から70%でした。このパート2は英検1級のリスニングの中でも特に難しいと感じます。日頃から、幅広い分野の英語を聞いて、理解していないととても太刀打ちできないです。

パート3はReal-Life形式の放送内容に関する質問に答える問題です。放送の前に10秒間ずつ時間が与えられますので、その間に問題用紙に印刷されている状況と質問を読むことになります。正答率は40%から100%でした。

パート4はインタビューの内容に関する質問に答える問題です。インタビューは聞き手とインタビューを受ける人との会話形式で3分近くあります。リーディング、ライティング、そしてリスニングと2時間近く問題を解いたり、英作文を書いた後に最後に待ち構えているのが、このパート4です。疲労している中、自分のリスニング力を最大限生かすことが求められます。正答率は0%から100%でした。

DateExamPartCorrectNOQPercentage
July 27, 20162013-2Reading Part 1212584.0%
July 27, 20162013-2Reading Part 22633.3%
July 27, 20162013-2Reading Part 341040.0%
July 27, 20162013-2Listening Part 161060.0%
July 27, 20162013-2Listening Part 231030.0%
July 27, 20162013-2Listening Part 355100.0%
July 27, 20162013-2Listening Part 41250.0%
August 1, 20162013-1Reading Part 1162564.0%
August 1, 20162013-1Reading Part 24666.7%
August 1, 20162013-1Reading Part 341040.0%
August 1, 20162013-1Listening Part 161060.0%
August 1, 20162013-1Listening Part 261060.0%
August 1, 20162013-1Listening Part 33560.0%
August 1, 20162013-1Listening Part 41250.0%
August 4, 20162012-3Reading Part 1182572.0%
August 4, 20162012-3Reading Part 23650.0%
August 4, 20162012-3Reading Part 351050.0%
August 4, 20162012-3Listening Part 161060.0%
August 4, 20162012-3Listening Part 271070.0%
August 4, 20162012-3Listening Part 34580.0%
August 4, 20162012-3Listening Part 422100.0%
August 9, 20162012-2Reading Part 1182572.0%
August 9, 20162012-2Reading Part 22633.3%
August 9, 20162012-2Reading Part 331030.0%
August 9, 20162012-2Listening Part 151050.0%
August 9, 20162012-2Listening Part 261060.0%
August 9, 20162012-2Listening Part 33560.0%
August 9, 20162012-2Listening Part 41250.0%
August 12, 20162012-1Reading Part 1152560.0%
August 12, 20162012-1Reading Part 24666.7%
August 12, 20162012-1Reading Part 321020.0%
August 12, 20162012-1Listening Part 141040.0%
August 12, 20162012-1Listening Part 261060.0%
August 12, 20162012-1Listening Part 33560.0%
August 12, 20162012-1Listening Part 4020.0%
August 17, 20162011-3Reading Part 1182572.0%
August 17, 20162011-3Reading Part 266100.0%
August 17, 20162011-3Reading Part 351050.0%
August 17, 20162011-3Listening Part 171070.0%
August 17, 20162011-3Listening Part 241040.0%
August 17, 20162011-3Listening Part 355100.0%
August 17, 20162011-3Listening Part 4020.0%
August 22, 20162015-2Reading Part 1152560.0%
August 22, 20162015-2Reading Part 22633.3%
August 22, 20162015-2Reading Part 351050.0%
August 22, 20162015-2Listening Part 151050.0%
August 22, 20162015-2Listening Part 231030.0%
August 22, 20162015-2Listening Part 34580.0%
August 22, 20162015-2Listening Part 4020.0%
August 25, 20162015-1Reading Part 1162564.0%
August 25, 20162015-1Reading Part 22633.3%
August 25, 20162015-1Reading Part 311010.0%
August 25, 20162015-1Listening Part 161060.0%
August 25, 20162015-1Listening Part 261060.0%
August 25, 20162015-1Listening Part 34580.0%
August 25, 20162015-1Listening Part 422100.0%
August 30, 20162014-3Reading Part 1132552.0%
August 30, 20162014-3Reading Part 24666.7%
August 30, 20162014-3Reading Part 321020.0%
August 30, 20162014-3Listening Part 141040.0%
August 30, 20162014-3Listening Part 211010.0%
August 30, 20162014-3Listening Part 32540.0%
August 30, 20162014-3Listening Part 41250.0%
September 2, 20162014-2Reading Part 1172568.0%
September 2, 20162014-2Reading Part 23650.0%
September 2, 20162014-2Reading Part 341040.0%
September 2, 20162014-2Listening Part 131030.0%
September 2, 20162014-2Listening Part 231030.0%
September 2, 20162014-2Listening Part 33560.0%
September 2, 20162014-2Listening Part 422100.0%
September 7, 20162014-1Reading Part 1172568.0%
September 7, 20162014-1Reading Part 23650.0%
September 7, 20162014-1Reading Part 361060.0%
September 7, 20162014-1Listening Part 151050.0%
September 7, 20162014-1Listening Part 271070.0%
September 7, 20162014-1Listening Part 33560.0%
September 7, 20162014-1Listening Part 422100.0%
September 12, 20162013-3Reading Part 1162564.0%
September 12, 20162013-3Reading Part 24666.7%
September 12, 20162013-3Reading Part 351050.0%
September 12, 20162013-3Listening Part 161060.0%
September 12, 20162013-3Listening Part 271070.0%
September 12, 20162013-3Listening Part 33560.0%
September 12, 20162013-3Listening Part 41250.0%

まとめ

2周目ということで、当たり前ではありますが、全体的には1周目より成績がよかったです。一方で正答率が80%を超えていないパートもありますので、まだまだ課題があります。とくにリーディングのパート3は正答率が低かったので、多読を続ける必要があると感じました。こうして時間が経ってから振り返ってみると客観的に見ることができて、自分の弱点に気がつきやすくなります。


スポンサーリンク
おすすめの記事