この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 25 秒です。

QQ Englishはカランメソッドという英語学習を取り入れているオンライン英会話とセブ島留学を行っています。カランメソッドについて、QQ Englishのオンライン英会話について私が感じたことを書いていきます。

スポンサーリンク

カランメソッドについて

1/4の時間で学習

カランメソッド(Callan Method)は、ロビン・カラン(Robin Callan)が開発した英語学習方法です。通常の学習方法と比較して、1/4の時間で同じ効果を得られるように設計されています。レッスンでは講師は1分間に200~230語という高速で話します。通常のネイティブですと1分間に150~180語になります。生徒は集中して聞いていないと、聞き逃してしまいますので、レッスン中は常に集中力を必要とします。英語を英語として理解しないととても間に合いません。強制的に母語で考えないようになります。レッスンでは講師が2回同じ質問をして、その質問の解答の冒頭部分を講師がしゃべります。生徒はそこで、フルセンテンスで解答します。

短縮形を使う

英会話では通常短縮形を使います。カランメソッドでもレッスン中は短縮形を使ってレッスンをします。You're striking your pen on the table.といった感じです。これにより自然な英会話を身につけることができます。Callanスクールの授業は50分となっています。オンライン英会話の方のQQ Englishでは25分レッスンとなっています。カランメソッドハードコアは50分レッスンも受けることができます。このカランメソッドハードコアは、QQ Englishの選りすぐりのカランメソッドのエキスパート教師たちによる授業です。50分レッスンになりますので、Callanスクールの授業により近い方法でカランメソッドを受けることができます。私は通常のカランメソッドは受けましたが、正直通常のカランメソッドでも大変ですので、ハードコアは受けていません。

フリートークはない

英会話に興味のある人の中にはフリートークを楽しみにしている人もいると思います。私も、ぐんぐん英会話でフリートークを楽しみました。QQ Englishに限ったことではありませんが、カランメソッドではフリートークがありません。講師にもよりますが、レッスンの最初に天気や近況報告のようなちょっとした会話はありますが、カランメソッド中はほとんどフリートークはありません。たまに脱線する講師もいますが、ほんの一言くらいですぐに本レッスンに戻ります。これはレッスンとしては合理的だと思います。私の経験からフリートークではよほど文法が間違っていないかぎり講師が指摘することがなく会話がどんどん進んでいきます。確かに会話をしていて楽しいのですが、レッスン終了後に、レッスンをした充実感を得られることはほとんどありません。フリートークはある程度、英会話が上達してきたときに行うのが効果的だと思います。まずはカランメソッドのレッスンをすることで英語の上達をすることが先決です。

まとめ

以上で今回の記事は終わりにします。次回はより具体的にQQ Englishでのカランメソッドを受けた体験談を書いていきます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事