この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 35 秒です。

マンツーマンの英会話レッスンはぐんぐん英会話が初めてでした。レッスン内容は教材を使ったレッスン、フリートーク、TOEIC対策、英字新聞記事のディスカッションと色々あります。リスニング、リーディングの勉強には慣れていましたが、いざスピーキングの勉強をすると、なかなか思うように英文や単語が出てきません。フリートークをして会話の内容に応じて適切な発言ができるのがいいですが、まずは教材を使ったレッスンに取り組みました。

スポンサーリンク

Side by Side

教材は市販されているSide by Sideです。この教材はPEARSON Longmanが出版しています。PEARSON LongmanはLongman Dictionary of Contemporary English、LDOCEなどの辞書を出版しています。

SIDE by SIDEについての話に戻ります。Side by Sideは全部でレベルが4段階あります。また種類がStudent Book、Student Book with Audio CD Highlights、Student Book CDsなど生徒用でも3種類以上あります。違いは、Student Bookが本のみ、Student Book with Audio CD Highlightsが本とCDが2枚つきます。Student Book CDsは本とCDが7枚つきます。値段はそれぞれ税別の定価で2,240 円、2,600 円、9,430 円となっています。現在はもう少し安くなっていますので、値段は参考程度に考えてください。私はこの中で、Student Book with Audio CD Highlightsを買いました。こちらはCDは本の内容すべてが音声で収録されているわけではありませんが、主要な部分はありますので、レッスンの予習用に聞きながら本を読むと理解度が増します。また、Student Book CDsに比べたら圧倒的に安いですし、CDが付かないバージョンと比べて値段は大差ないので、断然、Student Book with Audio CD Highlightsをお勧めします。

アメリカ英語

英語はアメリカ英語となっています。カラフルなイラストがふんだんに描かれていまして、一部を除いて同じ人が描いています。単語や文法の説明の所に描かれいますので、場面をイメージしやすく直感的に勉強することができます。文法の説明の所では、最初の例文は全文書かれていますが、講師との会話で練習する所は一部空欄となっています。講師との会話では、Aパート、Bパートを交代で練習します。例えば、Aパートで質問して、Bパートで答える内容ですと、講師が質問して、生徒が答える会話をしたら、同じ内容で今度は、生徒が質問をして講師が答えるといった感じです。

学習者のレベル

Side by Side BOOK 1はTOEIC 250 - 350、英検5級 - 4級。Side by Side BOOK 2はTOEIC 300 - 400、英検4級 - 3級。Side by Side BOOK 3はTOEIC 350 - 450、英検3級 - 準2級。Side by Side BOOK 4はTOEIC 400 - 500、英検準2級 - 2級。といった程度の学習者にお勧めです。

スポンサーリンク
おすすめの記事