この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 48 秒です。

英検1級2017年度第3回の1次試験を受験してきました。合否結果については前回の記事で書きましたのでそちらを参照していただければ幸いです。今回はリスニング Part 4 についての詳細を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

リスニング Part 4

私のリスニング Part 4 の結果は 2/2問でした。
今回は 2問とも正解できました。
(27) の方は勘で答えましたので、この結果で満足しないで、しっかりと復習したいと思います。

インタビュー

生物地球化学と土壌専門家である Elizabeth Murphy のインタビューです。
彼女は、数多くの地域再生プロジェクトや農業プロジェクトなどの活動をしてきました。
選択肢の文は No. 26, 27 ともにすべて2行で書かれています。あらかじめ選択肢を読んでおくことで、インタビュアーの質問のどの部分が問題に該当するのかを検討することが出来、その箇所に集中して、場合によってはメモをとるなどして回答しやすくなります。

(26)

あらかじめ No. 26 の選択肢を読んでいると、回答は具体的な問題が何かを選ぶことだとわかります。インタビュアーが the Applegate program in Oregon がいくつかの問題 (issues)に直面していたと言っています。
この問いに対して Elizabeth Murphy は they were looking at conflicts between logging and stream health 彼らは森林伐採と河川の健康の間の対立を見ていました
続いて they formed to try to help resolve those conflicts by bringing both people 彼らは両者を結集させることによってこれらの対立を解決しようと努力しました
選択肢では resolve conflicts between groups with different interests と both people が groups with different interests に言い換えられています。

(27)

あらかじめ No. 27 の選択肢を読んでいると、回答は川の変化についての質問を選ぶことだと分かります。インタビュアーが the problems that come up with logging and how that would affect stream health 森林伐採が引き起こす問題と、それはどのように河川の健康に影響するのか について聞いています。
この問いに対して Elizabeth Murphy は if you clear-cut or even cut too much forest upland もし皆伐したりあまりに多くの高地森林を切ったら
続いて the temperature of the stream rises 河川の温度が上昇する
選択肢では an increase in water temperature 河川の温度上昇 と rises を an increase に the stream を water に言い換えてられています。

筆記問題とリスニング Part 1 -3 に関しては以下を参照願います。

まとめ

Part 4 のイントロダクションでインタビューを受ける人の紹介がはじまり、インタビュー本編と(26)(27)の質問のアナウンスを含めると4分近くあります。時間は他のパートに比べて長いですが、難易度はそれほど高くはないと思います。筆記問題とリスニングのパート3までを解いた時点で2時間を超え、途中休憩がないこともあり疲労しています。ここまで来れば実力もさることながら集中力を切らさない精神力も必要となってきます。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事