この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 43 秒です。

QQ Englishでカランメソッドという英語学習法を取り入れたオンライン英会話を受講しました。QQ Englishの講師は全員が国際資格TESOLを所得しています。講師の質では間違いなくトップクラスのオンライン英会話スクールです。これまで私が実際に受講して気がついた事を書いてきました。今回はその5回目です。

スポンサーリンク

通信回線品質

生徒がオンライン英会話を選ぶに当たり、通信回線品質は重要な関心事の1つになります。
以前の記事で書きましたが、ぐんぐん英会話では、事務所がフィリピンに2カ所にあります。マカティとクラークにあります。ほとんどの教師はマカティに在籍していまして、マカティ事務所の通信回線品質は良好です。一部の教師はクラークに在籍しています。クラーク事務所の通信回線品質はお世辞にもいいとは言えませんでした。もしかして、今では改善されているかもしれませんが、少なくとも私が受講していた時点ではあまりよくなかったです。
QQ Englishについてですが、全く問題がないと言えます。私が受講している間、スクール側の通信回線が問題で、レッスンが中断したり、レッスンが受けられなかったことは、一度もありません。フィリピンはまだまだ電気やネット回線等は日本に比べれば発展途上ですが、ことQQ Englishに関してはその心配はありません。

QQ Englishのサイトによると

大容量光回線のインターネット・インフラを完備しているほか、停電時に備えた大型発電機を設置するなど、24時間安定したサービスを提供するための環境が整っています。

とのことです。

私が実際に受講したかぎりでは、このうたい文句は間違いないと思いました。
私がフィリピンへ語学留学をしたときは、スクールの寮で1度、スクールで授業中に1度停電がありました。寮の停電はほんの数秒で復旧しました。この程度の停電なら日本でも年に1度くらいあると思います。スクールでの停電は、どうやらスクールの配電に問題があったようで、教室によっては電気が通っていました。この時は、確か1時間ほど復旧に時間が掛かったと思います。
QQ Englishとは直接関係はありませんが、他のフィリピンのスクールでこのように、停電や通信回線の不安定を経験していましたので、QQ Englishでは、問題なくレッスンが受けられたのは感心させられました。
問題がなければ気がつかない点ではありますが、重要な点ですので、参考にしていただければ幸いです。
今回の記事は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事