この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 22 秒です。

QQ Englishでカランメソッドという英語学習法を取り入れたオンライン英会話を受講しました。QQ Englishの講師は全員が国際資格TESOLを所得しています。講師の質では間違いなくトップクラスのオンライン英会話スクールです。これまで私が実際に受講して気がついた事を書いてきました。今回はその8回目です。

スポンサーリンク

1日のレッスン時間について

カランメソッドを始めることに決めたら、1日何分、週に何回、レッスンを受けたらいいのか気になる方もいると思い、記事を書いていきます。
私が今、レッスンを受けているEnglish Bellのサイトに、カランメソッドについて以下のことが書かれています。

カランクラスを取る場合は、継続したレッスンをおすすめします。カランメソッドで推奨されている、一番効果的なレッスン数は50分レッスンを週に5日とることです。

当然ではありますが、1日のレッスン時間が長いほど、1週間のうちレッスンを受ける日が多いほど、上達は早くなります。ただ、予算や時間の都合上やむ得ない場合もありますので、無理のない予定を立てた方が良いです。平日のお昼休みに25分のレッスンを入れている人がいますが、お勧めしません。なぜなら、カランメソッドはステージが上がるとどんどん難しくなっていきます。お昼休みで、レッスンを受けて、疲れている中、午後の仕事に取りかかるのは、正直大変だと思います。強い意志を持ってレッスンに挑めばいいのですが、続けるのは大変だと思います。また、カランメソッドはレッスンの前に予習と、レッスンの後に復習をした方が上達が早いです。私は、レッスンを受ける前に、前回の復習と、今回の予習をしてレッスンに挑みます。そして、レッスンが終了しましたら、今回のレッスンの復習をしています。Stageにもよりますし、個人差がありますが、だいたい復習で30分、予習で30分といったところです。まだカランメソッドに慣れていないとき、復習時間がレッスンの時間以上にかかってしまったことがあります。これは、教師の話すスピードが1分間に200~230語と早いことで、私の話すスピードがそれに追いついていないことから生じています。
1日に50分のレッスンをするとしますと、前回の復習30分+今回の予習30分+レッスン50分+今回の復習30分=140分(2時間20分)が1日にカランメソッドのために必要な時間になります。
前回の復習はしない、今回の予習復習をそれぞれ15分にすれば、レッスンと合わせて80分(1時間20分)にまで短縮することができます。ぎりぎり短縮してこれくらいが限界だと思います。これ以上時間を減らすと、Stageが上がっていくと大変になります。
1日につき1時間20分も、カランメソッドのために時間を割くことができないけれど、カランメソッドはやってみたいという方でしたら、1日25分のレッスンをすることをお勧めします。これでしたら、今回の予習10分+レッスン25分+今回の復習10分=45分にまで短縮できると思います。

週に何日レッスンをする

次に週に何回レッスンを受けるかについて考えていきます。私はStage 1から現在(2016年7月)のStage 10まで、一貫して週5日レッスンを受けています。やはり週5日が最適だと思います。それより多い週7日、要するに毎日レッスンを受ける方が上達が早いですし、そういった人もいます。素晴らしいことですし尊敬しますが、正直大変だと思います。逆にそれより少ない例えば週2回だと当然ながら上達は遅くなります。English Bellで以下のことが書かれています。

少なくとも週に2回はカランクラスを継続して続けましょう。

ここにありますように、それよりさらに少ない週1日では、あまりにも少ないと思います。忙しい社会人の方でも、何とか土日に時間を作って、最低でも週に2日、カランメソッドを受けた方が良いと思います。

継続は力なり

私は、2015年4月にQQ Englishでカランメソッドを始め、Stage 1からStage 7の途中まで続け、Stage 7の途中からはEnglish Bellへ移り、現在(2016年7月)はStage 10まできています。その間、スクールは代わったものの、基本的に長期の空白期間はありません。例外としてTOEICの試験前に、一週間だけ中断しています。やはりStageが上がって難しくなっても続けられたのは継続していることの効果が非常に大きいです。もし長期に中断していたらここまで続けられなかったかもしれません。いったんカランメソッドを始めたら、少なくともStage 6くらいまでは続けることをお勧めします。

まとめ

以上、カランメソッドを受けるに当たり、1日のレッスン時間や、週何日受けるかについて書いてきました。今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。最終的に判断をするのは自分自身です。まずは無料レッスンで一度カランメソッドを受講してみてください。やはり実際に自分で受講をしないとわからない部分もあります。今回の記事は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事