この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 58 秒です。

英検1級2017年度第3回の1次試験を受験してきました。合否結果については前回の記事で書きましたのでそちらを参照していただければ幸いです。今回はリスニング Part 1 についての詳細を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

リスニング Part 1

私のリスニング Part 1 の結果は 7/10問でした。
間違えた問題番号は
(3)(9)(10)
です。

出来れば全問正解、少なくても 9/10問にしたかったです。

順番に見ていきましょう。

(1)

【友人同士】女性が以前の職場でリストラにあって、別のクリニックでオンコールナースとして働いている。女性が I don’t have a regular shift—my hours change every week と言っています。女性のスケジュールは予測できない。ということです。

(2)

【友人同士】住居について異なる意見を持つ男女の会話。女性は頭金 (deposit) を払って自分の家を持ちたいと思っている。問題は女性の意見について訪ねています。女性は賃貸住宅はお金の無駄と考えている。男性の意見を聞いているわけではないのでしっかりと問題を聞くことが大事です。

(3)

【ビジネス】同僚同士の会話。配達が間違っていたので、女性は男性にドライバーに間違えて配送した取引先によってもらうよう電話を願います。

(4)

【ビジネス】店員と顧客の会話。商品を返品して、全額返金を願い出る顧客に、店員はレシートの提示を訪ねます。客である女性はレシートがないと告げると店員はストアクレジットを提案しますが、30 % 引きになってします。

(5)

【ビジネス】人事部の同僚同士の会話。面接をした女性について、質問では男性の意見を聞いている。男性は面接をした女性は採用に値すると考えている。質問はもう一人の会話している女性の意見についてではないので注意したいところです。

(6)

【友人同士】今度行われる選挙についての会話。Amy という名の女性はもし教師でなかったら誰に投票するのか決められなかったと言っています。問題は Amy が選挙について暗示していること(imply)を聞いています。はっきりとは述べていませんので注意が必要です。
2011年度第3回 No.8 と同じ問題です。過去問を使って学習していれば冷静に対応できる問題です。

(7)

【友人同士】友人の Miranda がケガでバレーボールが出来ないことについての会話。女性が Miranda を元気づけるにはどうしたら良いか訪ねます。会話では make her feel better が、選択肢では cheer Miranda up に言い換えられています。言い換え表現に気づけるかどうかがカギと言えます。

(8)

【友人同士】オーガニック食品店にて。女性は料金の高さから、健康面で効果がなかったら普通のお店に変えると言っています。
2013年度第1回 No.4 と同じ問題です。過去問を使って学習していれば冷静に対応できる問題です。

(9)

【ビジネス】ホンコンオフィスの閉鎖について。女性は国際部の Larry をメールの送信先に含めたことにいらいらして( ticked off)います。女性はホンコンオフィスの成績が芳しくないことを言っていました。
男性はただ単に機密情報を皆に知って欲しかっただけと弁明しています。

in the loop 機密情報を知って from 三省堂 英語イディオム・句動詞大辞典 P.1036

(10)

【ビジネス】大学教授2人と上司の会話。教授の1人は学生の数が増えて対応できないと言っています。
English Center ではなく Counseling Center で学生のカウンセリングを受け付けるように変更するとのこと。質問は English Center の変更点について訪ねているので注意が必要です。

筆記問題については以下を参照願います。

まとめ

過去問で使われた問題もありました。問題の中には会話表現でむずかしいところもありました。理解できなかったとしても推測することが大事ですし、しっかりと質問も聞くことが大事です。選択肢の中に会話の内容と合ってはいるが、質問の内容とは違う問題もあり、集中して聞くことが大事です。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事