この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 31 秒です。

英検1級2017年度第3回の1次試験を受験してきました。合否結果については前回の記事で書きましたのでそちらを参照していただければ幸いです。今回はリスニング Part 3 についての詳細を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

リスニング Part 3

私のリスニング Part 3 の結果は 4/5問でした。
あと1問正解していれば、この Part に関しては全問正解できただけに惜しかったです。
間違えた問題は (23) です。
この Part 3 は実際に英語圏で生活するときに起こりうる場面などを想定しています。
このことから海外留学や海外出張するときに役立ちます。
英語圏へ海外留学や海外出張する予定の方は、しっかりと学習しておきたいところです。

(F) No. 21

【条件数 3】フランスの自転車旅行を計画しています。条件 (1) できるだけ安く (2) ワイナリーに訪れたい (3) きつい坂は避けたい
中程で、ワイナリーがあり、手頃なオプションの Burgundy Bike Tour が紹介されています。行程はきつくないということです。
2文に分かれていますが、連続して話しています。比較的わかりやすいと言えます。条件が 3つあることで臆せずぜひ正解したいところです。

(G) No. 22

【条件数 2】ゴルフ休暇から帰ってきて3日たっています。2本のゴルフクラブが運送中に壊れたことに気がつきます。航空会社にそのことで電話します。条件 (1) すでに3日たっている。
航空会社が電話口で、あなたは旅行保険に入っていなかったと告げられる。条件 (2)
If you don’t have one, you’ll need to get in touch with our baggage department.
one = a baggage-damage reference number 手荷物損害整理番号
手荷物損害整理番号 についての説明が続きますが、帰宅してから気がついたのですでに手遅れ。
その場合は、手荷物取り扱い部門 (baggage department) に連絡をする。

(H) No. 23

【条件数 2】あなたはフリーランスビジネスコンサルタント。条件 (1) 6月までは予定がある。(2) パートタイムの仕事なら引き受けられる。4月2日に留守番電話に伝言があった。
最後の方で The final option would be for you to consult with us once or twice a week from June. 最後の選択肢は、6月から週に1〜2回、私たちと相談することです。
そして最後に I’d appreciate any input you could give us. あなたが私達にくれるどんな情報にも感謝します。
input = feedback に選択肢では言い換え。ここに気がつくかどうかがカギでした。

(I) No. 24

【条件 なし】あなたは大人の猫を飼っている。子猫を動物避難所からもらったばかり。動物避難所の獣医があなたにアドバイスしている。
first が問題にあることに注意。まず何をするべきか?
中程で in the beginning と言っていることに注意。it’s best to keep the incoming kitten isolated 仲間入りする子猫を孤立させておくことが最善です
2番目に、猫の部屋にバリアを置く。3番目で、そのバリアを取り除くの順番。
もし順番が関係なければ 4 番の選択肢もありうるので、しっかりと問題を見ておくことが大事です。

(J) No. 25

【条件数 1】あなたは大学院生で、Sociology Journal 誌に論文を提出するため執筆中。条件 (1) 締め切りは4月。教授が留守電を残す。
中程で You’ll need to rework your data analysis and conclusions substantially データ分析と結論を大幅に手直しする必要がある。
3月までには出来るだろうと言っています。

筆記問題とリスニング Part 1, 2 に関しては以下を参照願います。

まとめ

最初の問題が、条件数 3 と多いことから、ここで臆してしまいそうですが、諦めずに粘り強く聞いていればきっと正解が分かります。順番が大事な問題や、言い換え表現に気がつくかどうかがカギの問題もあります。
いろいろなことを注意しながら聞くことが大切になります。
今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事